野良猫のための不妊去勢&ケア専門の動物病院について

犬猫生活福祉財団では、野良猫の不妊去勢&動物保護シェルターにいるわんちゃん、猫ちゃんのケアを行う動物病院(スペイクリニック)を運営します。

不妊去勢&ケア専門病院(スペイクリニック)とは

殺処分ゼロを目指すためには、収容を減らすことが何より必要です。今、保健所などに持ち込まれる大部分は子猫です。野良猫の繁殖を防ぎ、収容を減らすために、避妊去勢手術とケアを専門に行う病院です。

なぜ不妊去勢手術が必要か

猫ちゃんの過剰繁殖を防ぎ、殺処分を減らすための活動となります。猫ちゃんは繁殖力の強い動物のため、生後間もない乳飲み子がいまだ多く殺処分されています。生まれてすぐなくなる命を生み出さないためには、頭数コントロールは非常に重要な活動となります。

不妊去勢したねこちゃんはどうなるのか

基本的には地域のボランティアの方と一緒にこの活動を行います。一般的にTNRを言われる活動になりますが、飼い主のいないに猫に対し、(Trap/捕獲し、Neuter/不妊去勢⼿術を⾏い、Return/元の場所に戻す)を実施することで繁殖を防ぎ、地域の猫として1代限りの命を全うさせ、野良猫に関わる苦情や殺処分の減少を⽬指す活動です。多くは地域のボランティアさんの管理のもと地域猫として生涯をまっとうします。人慣れできそうなねこちゃんの場合は、里親を探すこともあります手術を行った猫ちゃんは、耳の先を桜の花びらのようにカットして目印とします。そのため「さくら猫」と呼ばれることもあります。これは、再度捕獲され開腹されることを避けるために必要です。

移動式手術車とは

TNRを、いつでも、どこでも、手軽におこなえるよう、ワゴン車の荷室を改造し、獣医療機器を配備した移動式の手術室です。

前橋スペイクリニック紹介

現在、準備中です。開設まで今しばらくお待ちください。

 

TOP